山口県立美術館 YAMAGUCHI PREFECTURE ART MUSEUM

まもり

香月 泰男 かづき やすお

1969(昭和44年)

油彩/カンヴァス

〈画家のことば〉
兵隊たちは例外なしにお守りのたぐいを身につけていた。私はまともに神を信じたことはないが、妻の作ったお守り袋、学校の生徒たちが作ってくれた千人針を持っていた。特に、タバコケースに収めた妻と私の写真は、出征から抑留、復員まで私の肌身を離れることがなかった。変色した写真は、「きっと生きて帰って来てくれ」と云っているようであった。それは御利益を求める宗教心とは違った、心のよりどころを求めたものかも知れないが、やはり何かにすがりたい、人間の弱い心が作用していたのであろうか。
キャンバスに、この古びた写真を拡大して写しとる時、そっくり写したつもりだが、妻の顔は実物よりはるかに美人に出来上っていた。長い間苦労をかけた妻への、恩がえしの心が、無意識のうちに働いたに違いない。

『シベリヤ画集』(新潮社、1971年)

香月泰男【かづき やすお】
生没年 1911~1974(明治44年~昭和49年)
山口県大津郡三隅村(現・長門市三隅)に生まれた香月泰男は、東京美術学校で油彩画を学び、美術教員の傍ら国画会を中心に作品を発表しました。1967年、太平洋戦争への従軍と戦後のシベリア抑留の経験を描いた「シベリア・シリーズ」により、第一回日本芸術大賞を受賞。その作品は今日も多くの人々を惹きつけています。

寸法 73.2×117.1cm
形状 額装