山口県立美術館 YAMAGUCHI PREFECTURE ART MUSEUM

1945

香月 泰男 かづき やすお

1959(昭和34年)

油彩/カンヴァス

〈画家のことば〉
戦争が終ると、我々はソ連兵の傍若無人のふるまいと、現地人たちの憎悪の眼にさらされることになった。我々の貨車が通る鉄道沿線に、ならんだ彼等からツバを吐きかけられ、罵倒されたこともあった。
列車が奉天を出て、北上をはじめてまもなく、線路のわきに放り出された屍体を見た。満人たちの私刑で殺された日本人に違いない。衣服をはぎとられ、生皮をはがれたのか、異様な褐色の肌に、人間の筋肉を示す赤い筋が全身に走って、教科書の解剖図の人体そのままの姿だった。
帰国後、写真で見た広島の原爆の、真黒こげの屍体と、満州で貨車から瞬間見た赤茶色の屍体。二つの屍体が、1945年を語り尽していると思う。

『シベリヤ画集』(新潮社、1971年)

香月泰男【かづき やすお】
生没年 1911~1974(明治44年~昭和49年)
山口県大津郡三隅村(現・長門市三隅)に生まれた香月泰男は、東京美術学校で油彩画を学び、美術教員の傍ら国画会を中心に作品を発表しました。1967年、太平洋戦争への従軍と戦後のシベリア抑留の経験を描いた「シベリア・シリーズ」により、第一回日本芸術大賞を受賞。その作品は今日も多くの人々を惹きつけています。

寸法 72.8×116.7cm
形状 額装