山口県立美術館 YAMAGUCHI PREFECTURE ART MUSEUM

ごうか 業火

香月 泰男 かづき やすお

1970(昭和45年)

油彩/カンヴァス

〈画家のことば〉
奉天から北上を続ける間、私は貨車の鉄格子にすがっていつも外を眺めていた。これは絵になる、あれは絵にならない、そんなことばかり考えていた。強いてそうすることによって、他の兵隊たちと同じような、孤独と疲労から来る虚脱状態を防いでいたともいえる。
そんなある日、天に届くばかりの火炎をあげて、兵舎が燃えているのを見た。何日間も燃えつづけているのだという。火薬庫でもあるのか、炎がすさまじくはぜて、あたかも悪業の終末を告げる業火の如く見えた。

『シベリヤ画集』(新潮社、1971年)

香月泰男【かづき やすお】
生没年 1911~1974(明治44年~昭和49年)
山口県大津郡三隅村(現・長門市三隅)に生まれた香月泰男は、東京美術学校で油彩画を学び、美術教員の傍ら国画会を中心に作品を発表しました。1967年、太平洋戦争への従軍と戦後のシベリア抑留の経験を描いた「シベリア・シリーズ」により、第一回日本芸術大賞を受賞。その作品は今日も多くの人々を惹きつけています。

寸法 162.0×96.0cm
形状 額装