山口県立美術館 YAMAGUCHI PREFECTURE ART MUSEUM

さかん 左官

香月 泰男 かづき やすお

1956(昭和31年)

油彩/カンヴァス

〈画家のことば〉
シーラから貨車に乗せられてついたのが、チョイナゴルスクという大きな町だった。炭坑もあり活気のある町だった。ここは今までとくらべて、すべてがよかった。いや、今までが余りにひどすぎたのだ。これが普通だったのだ。新しい収容所の浴場建設の煉瓦積みを手伝わされた。煉瓦積みは本職の他の男がやり、我々は煉瓦運びやセメント塗りをやった。セメントが凍るので、熱湯でねり上げ、手早く塗りつけなければならない。大方塗りつけるうち、セメントは固く凍ってしまった。私は煉瓦を手に持った時、日本へ帰ったら、この位の大きな羊羹を食べてやろうと思った。

『シベリヤ画集』(新潮社、1971年)

香月泰男【かづき やすお】
生没年 1911~1974(明治44年~昭和49年)
山口県大津郡三隅村(現・長門市三隅)に生まれた香月泰男は、東京美術学校で油彩画を学び、美術教員の傍ら国画会を中心に作品を発表しました。1967年、太平洋戦争への従軍と戦後のシベリア抑留の経験を描いた「シベリア・シリーズ」により、第一回日本芸術大賞を受賞。その作品は今日も多くの人々を惹きつけています。

寸法 117.0×72.6cm
形状 額装